Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

彼氏のこと(18)

ベトナムに彼氏がいるゲイのAkiです。

 

 

 

 ときどき、彼氏のことを書いています。

 

tuaki.hatenablog.com

 

以前は、タイでよくデートをしてました。


彼氏が、海外で仕事をしていて、ベトナムに帰る中継点がバンコクだったからです。
海外駐在だと、年に何回か、飛行機代会社持ちで、ビザ更新も兼ねてベトナムに帰ることができるのです。で、その途中の経由地であるバンコクで会ってました。

 

以前もブログにそのことを書きました。 

tuaki.hatenablog.com

 

tuaki.hatenablog.com

 

 

写真はバンコクの寺院です。
とにかく暑い中、バンコクの町を二人で歩きました。バンコクという町、いままでも何度か来ているのですが、どういうわけか、記憶が薄い。一応、主だった寺院、暁の寺とか、王宮とか回っているはずなのですが。

f:id:TuAki:20200510125918j:plain

f:id:TuAki:20200510125939j:plain


バンコク寺院。でも寺院の名前は思い出せない。

 

f:id:TuAki:20200510130004j:plain

これはホテルの部屋。
寺院めぐりで、汗びっしょりになって部屋に戻って涼んでいましたね。
彼氏はスマホでメールのチェック中。


 

 

そんなバンコクデートで覚えているのは、とっても些細なこと
(前にもちょっと書いたかもしれませんが)

 

チャオプラヤー川の船着き場で次の船を待っているときに、自分が何気なく、飲み物を2つ買ってきて、はい、どうぞって彼氏に渡しました。

 

別の日に彼氏がコンビニに寄って、飲み物を2つ買って、はい、どうぞって自分にくれました。

 

それで、だいぶ経ってから、彼氏が言いました。

バンコクで船を待っているとき、Akiが飲み物を買ってきてくれた。
 それが、デートしてる感じがあって、とってもうれしかったんだ』


別の日に飲み物をくれたのはそのお礼だったのか、と後になって気が付きました。

 

実に鈍感なAkiです。

 

そんなバンコクデートが終わって、スワンナブーム空港へ。

f:id:TuAki:20200510085902j:plain



彼はバングラデシュダッカ行き、当時、彼氏はバングラデシュで働いていました。
自分は日本の名古屋行きの飛行機です。

 

ダッカ行きのフライトの方が早いので、出発ゲートで、バイバイしてお別れです。

そのフライトを待っている間、何気ない会話しかしないのですが、だんだん時間が迫ってくるとそわそわ。

 

ハグして、じゃあ、と言って彼氏が搭乗口に消えてゆきます。

 

楽しかったデートの満足感と、ちょっぴり寂しい気持ち。

 

それが、旅の余韻。

それが、彼氏との日常。

 

彼氏のこと(18)(終わり)