Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『仕事・働き方』そして『大事な彼氏』のこと

付き合う~恋愛?

たまに過去の恋愛のことを思い出すAkiです。

 

今回は、今の彼氏にたどり着く前、いろいろあったよね、みたいな話です。
※彼氏はベトナム在住のベトナム人です。

 

ノンケに恋してしまったのが2回。
これは、もちろん片想いで終わってます。

 

ゲイバー(日本)に出入りしていた時は、最初は見た目でいいかな、と思った人にアプローチしたり、されたり、それで、お試しで付き合ってみたり、あるいはバーのマスターに紹介してもらったり、とか、やってましたね。

自分の場合、一目ぼれというのは一度も無くて、話したり、何度も会って食事したり、飲んでいるうちにじわじわと気持ちが近づいてゆく、というのがパターンです。

 

でも、今、振り返ると、ちゃんと「恋愛」してない
お互い、好きかな、そうじゃないかな、がぐるぐる回っていただけだったように思います。好きなのは顔や体(体型?)で、ほかはよくわからないレベル。

 

そんなのは「恋愛」じゃない。

結局、出会い系アプリで、”真面目に付き合える人”、”顔や体型"で検索して、
実際に会って、付き合うようになって、デートを重ねて、たくさんの時間を共有しました。

だけど本当に好きだったのかな。
お互い、好きだよ、とか言ったこともなかったし。

「Akiは、釣った魚に餌をあげない人だね」と相手からしみじみ言われました。

その彼氏とも別れて、ふと思いついてベトナムを旅行しました。現地で、出会い系アプリで声をかけられ、実際に会って、話をしました。で、日本に帰ってからも頻繁に連絡をとるようになって、彼がどんな人なのかわかりはじめました。

その後、2度目の旅行でベトナムでデートしました。あたりまえのことかもしれませんが、彼は恋愛に真剣で誠実な人なんだなと思いました。

 

そのあと、日本に帰るとき、空港で、自分から彼氏にTELして、
『好きだから、付き合おう』と告りました。

 

初めて、『好き』と言えた。


その後は、長期休暇ごとに2人でタイやベトナム各地を旅行しました。
これは『好き』を確認する旅でした。

 

3500㎞も離れていて、遠距離だけど、
コロナ禍で3年近くリアルで会えていませんけど、
気持ちは変わらない。

 

やっと『恋愛』できた?

 

付き合う~恋愛?(終わり)

旅行に行く

GoToトラベル以来、一度も旅行していないAkiです。

 

もう2年近く家で過ごしています。
サラリーマンからフリーランスになって、家で仕事ができて、お客さんとの打合せもリモートでできて、出張もなく、家を出る必要がないのです。
(最低限の買い物くらいはしてますが)


で、コロナ禍ということで、感染者数の増減に一喜一憂しつつ、
いつ旅行に行こうか模索しています。

 

ベトナムにいる彼氏は、
「コロナとともに生活するんだよ。それがベトナムの方針だよ」
「Akiも、どんどん旅行すればいいよ」と言っています。

マスクはしているのですが、ベトナムでの生活は完全に元に戻っていて、国内旅行の制限もないし、観光地も賑わっているそうです。

ベトナムのコロナ感染者数は、一日あたり3,000人程度(5/11現在)。
うまくやってますね。



日本も、すでに、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置も解除されていて、旅行するには何の支障もないのですが、まだ躊躇があります。
日本の感染者数は34,000人(5/11現在)。
ベトナムと比べてもまだ多いですね。

万が一、感染したら体がつらいし、周囲に迷惑もかかるし、いろいろ言われそう。

 

だけど、もう動き出す時期かな。2年間の巣ごもりは体にも悪い。
まずは、国内旅行

それで、近いうちにベトナム旅行も。

 

旅行に行く(終わり)

彼氏のこと(56)

ベトナム人彼氏がいるAkiです。
彼氏のことをたまに書いています。

 

tuaki.hatenablog.com

 

で、最近の彼氏・・・

猛烈に忙しい。
仕事はIT関係で、顧客対応が大変らしい。
朝、6時起きで、夜は8時までずっと仕事なのです。



その影響で日々のチャットも途絶えがちになりました。

 

今までの彼氏の仕事ぶりを思い返すと、やっぱり大変かな。
海外赴任とかもしてたけど、だいたい朝は8時ころ起きて、9時から仕事初めて、夕方5時には定時で終了・・・・。

 

そのあと、グダグダとチャットデートしてましたね。

 

そんな生活がガラッと変わって、残業をするようになりました。
「こんなのはいや、ぐだぐだしていたい、怠けたい」とか、彼氏は言ってますが、
「でも、しょうがない、やるしかない」という心境のようです。

 

幸せな生活、家族のためにお金は必要。だから、仕事をする。
で、スキルアップして、たくさんお金を稼ぐ。

これが、典型的なベトナム人の思考だと思うのですが、家族や親族のために十分な時間が割ける、というのが大前提なのです。


あまり忙しすぎると、また会社を辞めちゃうかもしれません。

 

しかし、朝6時起きで会社に行って、残業して夜8時終了は、日本人サラリーマンの感覚で言えばごく「普通」。そのことを彼氏には、たびたび言っているのですが、
彼氏は、「日本人は、会社への忠誠心があって、一生懸命、働くよね。僕は違うから」みたいなことを言ってます。

 

でも、最近の彼氏を見ていると、ベトナムの急速な経済成長を支えるためには、誰かがやらなきゃしょうがないのでは、と思います。同時に、ベトナムのカルチャーも変わってゆきそうな気もするのですが、どんなもんでしょうか。

 

彼氏のこと(56)(終わり)

憲法記念日(2)

前回にひきつづいて、憲法や日本の政治について、考えているAkiです。

 

f:id:TuAki:20220217202941p:plain



先日、亡くなった石原慎太郎さん。
そういえば、憲法改正というか、アメリカから押し付けられた現行を破棄して、日本独自の憲法を作りたい、と主張されていましたね。

 

今、自民党が提案している憲法改正案は、以下のとおり。

www.jimin.jp

 

1.安全保障にかかわる「自衛隊」の明記と「自衛の措置」の言及
2.大地震が発生した時などの緊急事態対応を強化
3.参議院の合区解消、各都道府県から1人以上選出
4.家庭の経済的事情に左右されない教育環境の充実

 

この内容なら、いいんじゃないか、と思うのですが、憲法を巡っては、ややこしい議論が山ほどありますね。

 

護憲派という人たちもいて、とにかく憲法を変えることに絶対反対という姿勢。
この人たち、正直、ただ反対する人という認識しか自分にはありません。

 

亡くなった石原慎太郎さんが、言われていたのが、終戦時、進駐してきたアメリカ人に押し付けられた憲法を捨てて、自ら作り直すべき、ということ。これは、終戦の屈辱を経験した、ということが大きいかも。

 

でも、アメリカから押し付けられた憲法を日本は、1947年からずっと使っており、すでに75年が経過しています。終戦の屈辱を知る人も少なくなっています。

 

生まれるずっと前から今の憲法でやってきたので、自分は、特に違和感も感じません。今の憲法でいいし、時代が変わって改正する必要があれば改正すればいい。

 

護憲派が言う、平和憲法
改憲派が言う、押し付けられた憲法

思うのは、硬直してしまった考えは、この際、脇において、淡々と現状整理、憲法改正論議をして欲しい、と思います。

 

憲法記念日(2)(終わり)

憲法記念日(1)

コロナを恐れて、GW中もずっと家にいるAkiです。

 

5月3日は、憲法記念日です。

日本国旗の由来を知っていますか?

戦前の大日本帝国憲法から、1946年に新しく作られた憲法日本国憲法で、
11月3日に公布され、翌年の5月3日に施行されました。この施行を記念して祝日が定められたそうです。

 

憲法を巡っては、長い間、議論というか、すったもんだがありました。
ざっくり言うと、「護憲」と「改憲」の論争

 

「護憲」・・・憲法の改正を決してすべきではない、特に第9条を変えない、という立場 ※第9条;日本国憲法第2章「戦争の放棄」の条文。戦争放棄・戦力の不保持・交戦権の否認が規定されている。

改憲」・・・現実に即した憲法に改正すべきである。特に第9条に自衛隊(国軍)を明記すべき、という立場

具体的には、日本共産党立憲民主党日本国憲法第9条の改正に反対する護憲の立場を取っており、自由民主党、国民民主党日本維新の会などの保守政党憲法9条を含む日本国憲法の改正に前向きな改憲の立場、ですね。

 

どちらに賛成するかと言えば、前々から思っていたのですが、やっぱ、改憲でしょ。現実、自衛隊があって、国を守っている。もし、自衛隊がなければ、日本の上空で中国機やロシア機がやりたい放題になってしまうから。

 

そして、今回のウクライナ戦争。
あのロシアが突如、隣国に侵攻して、小国ウクライナが必死の抵抗を続けている。
そんな姿を見ると、当たり前のことですが、自分の国は自分で守らなければならない、と素朴に思います。

憲法記念日(終わり)

ベトナム語を習う

自営業で、自由になる時間が増えたAkiです。

 

ブログを書いたり、絵を描いたり、散歩したりしているのですが、コロナ禍もあって、あいかわらず旅行ができない。

 

家の中でできることを考えてベトナム語を習うことにしました。自分が住んでいる地域は意外と外国人が多く、多文化共生とかいう自治体の活動があって、その一環で、安く言語を学べるのです。普段は、教室に通うのですが、今回はコロナ禍の影響でZoomを使ったオンライン講座です。

一回、1時間半の授業で、計12回。料金は1万6千円。

彼氏に聞いたら、

「その料金だったら、妥当だよ」ということでした。

まず、やってみよう!

 

ベトナム語を習う(終わり)

お金のこと

別に、お金儲けの話ではありません。
ベトナム人彼氏とのデートで、どちらがお金を出すのか、という単純な話です。



自分たちの場合、
自分の方が年上ということで、多めに出しがちです。

たとえば、ベトナム以外での東南アジアデートの場合、
日本からの渡航費と現地のホテル代は自分持ち。彼氏は、海外赴任や一時帰国の際に、途中降機して交通費を浮かしていました。

それで、空港で待ち合わせして、デート開始。
デート中の食事とかも自分が出してました。

ただ彼氏は、
「僕は、安いホテルで全然大丈夫」とか、
「飲み物、買ってきたから飲んで」とか、気を使ってくれてましたね。

 

ベトナムと日本だと、物価はだいたい1/3。
ベトナム全体の平均給与(年)は、25万円(2020年)。
ハノイの一部の高給取りでも72万円。


なので日本とベトナム経済格差は、まだまだ大きいのです。

 

お金のことで言えば、そこが一番気を使うところです。

でも彼氏から、お金のことで頼まれたことや、言われたことは一回もありません。当たり前かもしれませんが、お互い好きだから付き合っているだけなのです。

 

お金のこと(終わり)