Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

令和二年の終わり

Akiです。

 

令和二年も終わりです。

 

去年と同じように、『令和二年の終わり』にあたって自分なりに振り返ってみます。

 

tuaki.hatenablog.com

 

仕事;
今年は会社を辞めました。
前々から思っていたことなので、ようやく、という想いです。そして、長かったサラリーマン生活を終えて、ほそぼそですが個人事業(技術コンサルタント)をスタートしました。別の会社に再就職するつもりもありません。独立したフリーランス、事業主です。収入は減りましたが、セミリタイアのつもりなので気にしません。会社員でなくなって、仲間とも離れて、ちょぴり寂しさも感じたのですが一か月もすると、解放感を『満喫』するようになりました。体調もぜんぜん良くなって、顔色もつやつやして、いかに『会社』が健康に悪いのか、ということを実感してます。

 

あと、まだ会社員だったころ、テレワーク(リモートワーク、在宅勤務)を経験しました。これは、いろいろと考えさせられましたね。それで、当たり前のことですが、仕事はどこでもできる、ということがわかりました。今、技術コンサルの仕事をしているのですが、ほぼ家の中だけで仕事が完結できています。打合せもWebなので、お客さんのところに行く必要もありません。今、自分は、日本の自宅でやってますが、海外で暮らしたとしても、ぜんぜん問題なく日本国内のお客さんとやってゆけるような気がしました。

 

tuaki.hatenablog.com

 

 


恋愛;
ベトナムにいる彼氏とは付き合って、もう5年になります。今年は、やはりコロナの影響があって会うことはできませんでした。

前回、会ったのが2019年の夏。
それから、毎日1-2時間ほどチャットしています。

なので、幸いなことに、恋愛のテンションは変わりません。

あいかわらず、高めです(ほっ)。

でも、コロナさえなければなあ、とつくづく思います。会社を辞めて、技術コンサルの仕事を始めました。それで、仕事をやりつつ、ベトナムで彼氏と暮らす、ということがやっと可能になったのです。でも、コロナのせいでベトナムに行くことすらできなくなりました。


来年に期待するしかない、ですね。

 

そのベトナム人彼氏ですけど、今年は、大学卒業後、5回目の転職をしました。ほぼ毎年、転職しています。毎日チャットしていて、仕事の愚痴もよく聞かされるのですが、転職に期待するポイントはいつも同じ。


それは『スキルUPとお金』。

 

その仕事をすることで、自分のスキルがUPするのか、ということと、どれだけ給料が上がるのか、ということです。それはものすごく割り切っていて、ある意味、典型的なベトナムの若者かな、と思います。

 

でも、最優先は家族。
なにかにつけて実家に帰っています。

 

仕事は、お金を稼ぐためのもの、そのお金は幸せな生活を家族と過ごすためのもの。
そんな考えがはっきりしていて、考えと行動が、見事に一致しているように思います。


彼氏は、以前、日本企業に勤めていたこともあって、働きすぎる日本人を見てきました。ときどき、Aki もワーカーホリックだね、とちょっぴり軽蔑のまなざしで言われることもあります。なんのために仕事しているの?と言いたそうな口ぶりで。

 

tuaki.hatenablog.com

 

付き合い始めて、もう5年。
ずっと遠距離なのですが、時間をかけて、だんだん二人とも同じ方向を向いてきているように思います。

 

趣味;

①ブログ、2年目に突入しました。今年は、ほぼ毎日更新するようになってパワーアップしました。質より量ということで、書きなぐっている感もあるのですが、続けることに意味がある、と信じています。ただ、反省点は文章が雑になってきたかな、ということ。やっぱり、伝えたいことをはっきりさせて、適切な言葉を選んで書くことが大事かな、と思います。


②海外旅行、コロナのせいで今年はぜんぜん行ってません。アジアが大好きなので毎年旅行に行ってたのですが、今年は、国内旅行の日々でした。今まで、見過ごしていた場所や、そのときだけあっと思って、忘れていた場所とか、を訪れたりしていました。それは、それでよかったかなと思います。日本の中で、こんなにきれいな場所や、きれいな瞬間があったのか、改めて知ることができました。

 

tuaki.hatenablog.com

 

③歴史、歴史好きです。本格的な歴史旅を始めました。地元(静岡県)から初めて、近場の主な名所旧跡はほとんど行きました。これから、だんだん広げてゆきます。

 

tuaki.hatenablog.com

 

 

コロナのせいでさんざんな2020年、令和二年でしたが、自分としては、着実に進めることができたように思います。その意味ではよい年だったかな、と思います。

 

初詣に行きました、まだ、年が明けてないのですが、密を避けるためです。

 f:id:TuAki:20201224140156j:plain

 

f:id:TuAki:20201224140145j:plain

コロナとの付き合い方にも慣れつつあります。

 

そんな年の暮れ。

 

 

令和二年の終わり(終わり)