Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

彼氏のこと(15)

ゲイのAkiです。

 

 

 

また、べトナム人の相方についてです。
前にも書いたのですが、転職について、真剣に悩んでいて、結局、転職しました。

 

tuaki.hatenablog.com

 

f:id:TuAki:20200412075050j:plain

f:id:TuAki:20200519212145j:plain

ハノイで一緒にめしを食べながら、語り合う。



今度の会社で大学卒業後、5社目となります。

 

以前から、自分も相談にのっていたのですが、聞いていたのとは違う会社への転職です。最初、相談にのっていたのはベトナムの大企業からのスカウトの話で、高額の給与を提示されていました。それは企業のIT部門での仕事です。だけど、たぶん、彼氏が考えているのとは違うな、と思ってました。やつが満足できるのは、その給料の額だけ。仕事そのものは企業のIT担当で、要するに企業内向けのサービス部門なので、面白みはあまりないかな。

 

で、結局、彼氏が選んだのは、小さなStart Up Ventureです。
すごく親しい人がいて、そちらからも誘われていたそうです。給料はその大企業には及びませんが、働きによっては同じ額になることも可能だそうです。それで、仕事ですが、一般企業向けのソフトのカスタマイズです。あと、市場開拓とか、営業とか、いろいろなことが自分の裁量でできるそうです。

 

彼氏は、これにとても惹かれたそうです。

 

Akiは、そうなんだろうな、と思いました。
やっぱり、これがベトナム人の考え方かな。

前々から話をしていて、彼氏の目指すところは結局、フリーランスなんだな、と理解していました。なので、大企業に勤める話を聞いたとき、どんなもんだろう、と首をかしげました。

 

で、結局、落ち着くところに落ち着いたように思います。

 

彼氏と知り合ったのは、彼がハノイの大学を出て、1社目の日系企業に勤めていたときです。仕事はぜんぜん面白くない、と言ってました。それから、何回も転職を繰り返して、あまりに頻繁なのでAkiは彼氏に『石の上にも3年だよ』とか、えらそうなことを言ってました(ベトナム人に言ってもまったく無駄なのですが)。

でも、ベトナム人の彼氏は、彼氏なりに考えていて、その目まぐるしい転職は、ある方向性を持っていたのだと思います(結果論なのかもしれませんが)。


そして、今回で5社目。
かなり、彼氏が抱いている夢に近づいたようです。

 

 

あとは、俺たちの生活かな?
いつになったら一緒に住めるんだろう。

 

それと、自分のこと。
会社を辞めて、フリーランスで技術コンサルをやってみたい。
夢に向けて彼氏と一緒に発進かな?

 

 

彼氏のこと(15)