Tu&Aki’s Couple Life

  ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

北海道・小樽

日本人ゲイのAkiです。

 

 

11月の初めに仕事で北海道に行ってきました。札幌での用事だったのですが、宿は小樽にとりました。札幌から電車で30分くらいなので、観光も兼ねて足をのばしてみたのです。

それで、札幌での仕事を終えて小樽駅に着くともう夕闇がせまっていて、寒さが身に染みました。やはり、北海道は寒い。Akiが住んでいる東海地方との寒暖差は10℃以上です。雪もちらほら降っていました。今は、まだ晩秋。なので本格的な寒さはこれからなのでしょうけど、どんよりとした空と打ち寄せる日本海の波が北海道の冬を感じさせます。

 

f:id:TuAki:20191110110212j:plain

 (日本海)※電車の窓越しに撮ったので少しぼけてます

f:id:TuAki:20191110105503j:plain

f:id:TuAki:20191110110435j:plain

 (小樽駅)※最初は冷たい雨だったのですが、そのうちみぞれになり、雪となりました。

 

f:id:TuAki:20191111213009j:plain

f:id:TuAki:20191111213121j:plain

f:id:TuAki:20191111213049j:plain

小樽駅前の三角市場)

 

せっかく小樽まで来たので、名物のお寿司を食べて、夜の運河を散策しました。やはり、海産物は文句なくおいしい。観光名物の運河もライトアップされてそれなりにきれいでした。

f:id:TuAki:20191110110021j:plain

 (小樽のお寿司)

f:id:TuAki:20191110110352j:plain

(運河の夜景) 右手が倉庫街

 

とにかくスマホで写真を撮りまくりましたが、この寒い中、Akiたちのほかにも観光客がいました。最初は中国人かと思ったのですが、言葉を聞いているとベトナム人で家族連れのようでした。お父さん、お母さん、息子と娘みたいな雰囲気です。息子さんが日本に働きに来ていて久しぶりの家族団らんかな、と勝手に想像しました。でも、これだけの人数で日本に観光で来れるのは、ベトナムでも富裕層の部類だと思います。そういえば、今回は中部空港から飛行機で北海道に来たのですが、空港で多くのベトナム人を見掛けました。彼らは一見して、富裕層でなく明らかに出稼ぎ労働者のようでした。5-6人のグループで、リーダー格の一人だけがスーツを着ていて、ほかの人たちは非常にラフな服装で、サンダル履き(裸足)でした。大きな荷物をたくさん持ってたことから、おそらく日本での仕事を終えてベトナムに帰るのでしょう。たくさんのベトナム人が日本に来ていますが、豊かさと貧しさが交錯しているように感じました。

 

ほかに中国人や韓国人(だいたい自撮り棒を持っているのでわかります)もいましたが、さすがに小樽まで来るとその数は少なく、ゆっくりと観光をしている個人客がほとんどでした。特段、騒がしいこともなく、こんなふうにじっくりと日本を見てくれるのはありがたいかな、と思いました。

ベトナム人の彼氏が日本に来たら、北海道に連れて来ようかな。
雪は見たことがないと言っていたから、きっと喜ぶだろうな。

 

翌日、目を覚ますと、薄っすら雪が積もっていました。

初雪だそうです。

f:id:TuAki:20191110110706j:plain

f:id:TuAki:20191110110728j:plain

(誰かが作った雪だるま) カップルかな

 

コートの襟を立てて、どんよりとした空を見上げる、
ちょっと格好つけたくなる小樽の町でした。

 

北海道出張、実態は息抜き旅行でした。
また、明日からがんばろう。

 

(北海道・小樽) 終わり