Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

飛騨・白川郷

Akiです。

 

だいぶ前のことですが、2月に岐阜県白川郷へ行ったことがあります。

季節は真冬。

仕事がきつくて、適応障害になってしまって精神科に通っていたときです。
お医者さんに勧められて気分転換の為、会社を一週間ほど休み、出かけたのです。
気持ちがどんよりとしていて、冬の空もどんよりとしていたことを覚えています。

でも、飛騨・高山からバスで白川郷に着くと、寒いことは寒いのですが風もなく、真っ白で、どっしりとした輝く雪が目に入りました。自然のままに雪が積もったありさまをみて、気分が晴れやかになりました。

 

それで、その気持ちのままにスケッチをしてみました。有名な、世界遺産でもある合掌造りの古民家です。

 

f:id:TuAki:20191215180748j:plain

 (白川郷の古民家) Drawn By Aki

 

雪の中に民家が埋もれていて、その生活は厳しいとは思うのですが(実際に今でも人が住んでいます)、ただの観光客であるAkiから見ると、いい景色、いい雰囲気なのでした。Akiは東海地方に住んでいて、太平洋岸の地方都市なのでめったに雪は降りません。なので雪というものに新鮮さや美しさを感じたのです。

 

スケッチをすることで静かな時間が流れ、真っ白な雪を見ているうちに気分が晴れました。

冬になるとそんなことも思い出します。

 

飛騨・白川郷(終わり)