Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

コロナ解析(2)

Akiです。


コロナ感染者数について、また調べてみました。

 

tuaki.hatenablog.com

 

 

2020年11月19日現在でのコロナ感染者数の比較(累計)です。

COVID-19トラッカー(日本):新型コロナウイルス感染 世界マップ(Microsoft Bing)

世界全体で5400万人。

そのうちの主な国の感染者数(累計)を図に示しました。

上からアメリカ、インド、ブラジル、フランス、イギリス、日本、中国(大陸)、韓国、ベトナムの順番です。縦軸のひと目盛りは200万人。

アメリカが1200万人、インドが900万人、ブラジルが600万人、フランスが210万人、イギリスが150万人。これらと比較すると東アジアの国、日本も含めてその少なさが際立っています。

 

一説によれば、コロナウイルスにはいくつかの型があって、欧米で猛威を振るっているのはL型、日本も含むアジアのそれはS型だそうです。L型の方が強毒性。その差が、感染者数や死者数の違いとなっている、ということらしい。

f:id:TuAki:20201121171816p:plain

 

下の図は、アジアの国だけ抜き書きしたものです(インド除く)。

縦軸の一目盛りが3万人に変わっています。

上から、日本、中国(大陸)、韓国、ベトナムの順になっています。
日本が12万人、中国(大陸)が9万人、韓国が3万人、ベトナムが1300人。

f:id:TuAki:20201121175324p:plain

日本がやはりじりじりと増えていて、韓国も少しだけですが増えつつありますね。中国は横一線で、これは新規の感染者がほぼゼロということです。真偽はさだかではありませんが。

あと、ベトナムですが、わずか1300人。こちらは政府のコントロールが非常にうまくいっているようです。

 

こちらの図は、国ごとの死者数を図示したものです。やはり、アジア(インドを除く)の数の少なさが目立ちます。

 

f:id:TuAki:20201122074055p:plain

 

今、日本ではGo To Travel やGo To Eatを辞めて、経済活動を抑えて、これ以上感染者数が増えることを食い止めようとしています。欧米と比べると、辞めなくてもいいように思えてしまうのですが、コロナウイルスはまだわからないことが多いようなので、また、ベトナムの徹底した抑え込み方を見ると、ここは徹底した方がいいように思えます。

 

コロナ解析(2)(終わり)