Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

備中・高梁 ~山田方谷~

Go To Travelで国内旅行をしているAkiです。

 

 

 

tuaki.hatenablog.com

 

以前、日本のことについて書きました。

そこで山田方谷(やまだほうこく)という儒学者について触れました。

tuaki.hatenablog.com

 

前回の記事の一部を転記します・・・

山田方谷(文化2年2月21日(1805年3月21日) - 明治10年(1877年)6月26日)は、備中松山岡山県高梁市)の人です。菜種油の製造・販売を家業とする商人の子に生まれたものの、新見藩の儒学者である丸川松隠に学び、その才を認められ、20歳で備中松山藩より、士分(武士)に取立てられ、藩校の筆頭教授に任命されました。その後、藩政にも参加、財政の建て直しにも貢献し、幕末の混乱期には藩を滅亡から回避させることに成功しました。しかし、明治維新後は多くの招聘の声をすべて断り、一民間教育者として過ごしたのです。

 

簡単に言えば、地方の学者ですね。
少し、政治にも携わりましたが、余生は官途につかず、教育に一生をささげた人ということです。

 

しかし、幕末の三傑(藤田東湖山田方谷佐久間象山)にあげられており、見識に優れ、時代に影響を与えた人です。

 

方谷は29歳のとき、京都で陽明学と出会い、このとき創始者である王陽明伝習録から朱子学陽明学のそれぞれの利点と欠点を理解し、正しい学び方を修得したそうです。 朱子学の利点は、初心者でも学問の順を追って学べば深く学ぶことができる。しかし、我が心の内を忘れて我が心が得心しているかは問わないという欠点があった。 一方、陽明学の利点は、我が心が得心しているのかを問うて人間性の本質に迫ることができ、道理を正しく判別でき、事業においては成果を出すことができる。

しかし、私欲にかられた心で行為に走ると道理の判断を誤ることが多いという欠点があった、そうです。


このため、方谷は弟子達から陽明学の教えを請われても安易に教えることはせず、朱子学を深く学ぶことを諭したそうです。それは、己の心のままに行為に走ってしまいやすい陽明学の欠点を熟知していたことによるからです。

 

要するに、幕末期の陽明学はあくまでも、江戸幕府が推奨した朱子学の教えがあって、初めて成り立つ(成功する)ものということになります。

 なので、陽明学の危うさに強い危機感を抱き、門人達には、まずは朱子学を深く学ぶことを諭したのだと思われます。・・・転記終わり

 

自分が山田方谷について考えるとき、江戸時代を通して学ばれた儒学朱子学陽明学への系譜が近代日本の基本的な思想であり、今なお日本人の根源的な考え方を支配するものだ、とつくづく思います。

 

その山田方谷は、ここ備中高梁の人

駅前に銅像

f:id:TuAki:20201101110702j:plain

f:id:TuAki:20201101110707j:plain

山田方谷が提唱した『至誠惻怛(しせいそくだつ)』

まごころ(至誠)と、いたみ悲しむ心(惻怛)があれば、やさしく(仁)なれる。そして、目上にはまことを尽くし、目下にはいつくしみをもって接する。そんなこころの持ち方をこうすれば物事をうまく運ぶことができる。それで、この気持ちで生きることが、人としての基本であり、正しい道なのである、という考え方です。

 

 

最近、山田方谷記念館もできました。

f:id:TuAki:20201101110725j:plain

 

郷土資料館の前にも銅像

f:id:TuAki:20201101110758j:plain

f:id:TuAki:20201101110803j:plain

義を明らかにして利を図らず。

 

f:id:TuAki:20201101110826j:plain

f:id:TuAki:20201101110902j:plain

 

 

 

伯備線備中高梁からさらに北へ向かうと、『方谷』という名前の駅があります。
山田方谷からとったものです。

 f:id:TuAki:20201101110950j:plain

 

山田方谷、人の道を説く、高い徳を持った学者です。

そして、その教えは、江戸時代から明治の教育により、深く日本人の意識を形成したのだと思います。

 

今でも、普段暮らしている私たちの約束事や習慣、それらは、良きにつけ悪しきにつけ、ほとんどが江戸期の教養の上にあるのだと自分は思っています。

 

備中・高梁 ~山田方谷~(終わり)