Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

アイルランド ~レオ・バラッカー~

ゲイのAkiです。

 

 

アイルランドという国に興味があって、ときどき調べています。

 

 

tuaki.hatenablog.com

 

レオ・バラッカーという人がいます。

 

アイルランドの政治家・医師。

父親はインドからの移民、母親はアイルランド生まれ、
ヒンドゥー教の父とカトリックの母の間で、カトリック信仰により育てられました。

 

統一アイルランド党(フィナ・ゲール)所属の国会議員、2017年から2020年まで首相を務め、また2022年12月から首相に復帰する予定だそうです。

 

アイルランドの首都ダブリン出身。ダブリン大学トリニティ・カレッジで医学を学んだ。アイルランドでは2015年に同性婚について国民投票が行われ、認められることとなりましたが、その際、バラッカーはゲイであることをカミングアウトしました。

バラッカーは、36歳の誕生日、2015年1月18日のラジオインタビューでゲイであることを公表し、「私を定義するものではない。インド人ハーフの政治家でもなく、医者の政治家でもなく、ゲイの政治家でもない。それは私が誰であるかの一部であり、私を定義するものではない。性格の一部だと思う」と述べました。

  "it's not something that defines me. I'm not a half-Indian politician, or a doctor politician or a gay politician for that matter. It's just part of who I am, it doesn't define me, it is part of my character I suppose".

 

パートナーはマター・ミゼリコルディア大学病院医師のマシュー・バレット。

 

f:id:TuAki:20200726182313j:plain

左がパートナー。右がレオ・バラッカー

f:id:TuAki:20200726182345j:plain

アメリカ訪問時、ペンス副大統領夫妻と。
左端がレオ・バラッカー、右端がパートナーのマシュー・バレット。

 

アイルランドでは同性愛は1993年まで違法だったそうです。それから22年で同性婚が合法化され、24年で同性愛の指導者が誕生したことになります。

 

インド系移民の子で、カトリックで、ゲイ・・で、アイルランドの首相。


ゲイであること、それは、彼が言う通り、単に一個人の特徴・個性・性格の一部にすぎず、とりたてて騒ぐほどのものではなく、まして、それだけで個人を定義するものでもない

 

・・・自分もそのとおりだと思います。
で、その個性がなにを成し遂げるのか、どんな貢献をするのか、どう生きるのか、
それがもっとも大事なことだと思うのです。

 

かなり納得です。

 

レオ・バラッカー、素敵ですね。

 

自分もかくありたい!
※あたりまえですが、首相にはなれませんけど。

f:id:TuAki:20200728111109j:plain


クローバー。緑はアイルランドの色(カトリックを表す)。

 

それと、レオ・バラッカーの存在、
偏見がなくなろうとしている国、アイルランドを表しているように思いました。

 

アイルランド、やっぱり一度行ってみたい。

 

 

アイルランド ~レオ・バラッカー~(終わり)