Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

彼氏のこと(20)

ベトナムに彼氏がいるゲイのAkiです。

 

 

彼氏のことです。
一応、これはカップルブログなので。

tuaki.hatenablog.com

 

f:id:TuAki:20200513192058j:plain

※相方です。ちょっと前の写真です。痩せてましたね。

 

彼氏はベトナムでIT系の仕事をしています。今年も、例年通り転職して、5月から新しい会社でがんばっています。ベトナムは、もうコロナウイルスの影響も少なくなって、通常業務に戻りつつあります。

 

そんな彼氏ですが、『働き方4.0』を目指しています。
※働き方4.0 フリーエージェント(ギグエコノミー)

 

tuaki.hatenablog.com

 

今度の会社は前と違ってかなり自由度が高く、副業も可能だそうです。
ということで、彼氏はアメリカの会社からの仕事を個人的に請け負おうとしています。

 

細かい内容はわかりませんが、IT関係の業務で時給25$だそうです。

 

どのくらい時間がかかったかは自己申告。
なので、1日8時間働けば、200$ということになります。

 

ベトナムのコンビニやカフェ、レストランでアルバイトをした場合、時給は70円~100円が相場で、だいたい時給1$。日本でも時給1000円、10$くらいでしょうか。

 

それにしても、彼氏の時給は高い。

 

今はもうネット環境が整備されていて、彼氏は英語が話せるので、自在にアメリカの会社とやりとりができます。ということで、ベトナムの労働条件から、いとも簡単に逃れられるわけです。

 

語学と技術の両方を持っていると強いですね。
それに在宅でも仕事ができるので、コロナウイルスの影響もありません。

 

でも、彼氏のような働き方をする人が増えるとベトナムのITエンジニアの給料はどんどんあがっていくかもしれません。ひところは、先進国から人件費の安い発展途上国へのシフトがさかんに行われましたが、そのビジネスモデルは遅かれ早かれ、時代遅れとなるかもしれません。

 

彼氏は、彼の思惑どおり、『働き方4.0』に向かってまっしぐらです。

 

そして、それは、コロナ以後の働き方の一つなのかもしれません。

 

 

 彼氏のこと(20)(終わり)