Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

ドイツ出張

サラリーマンのAkiです。

 

 

 

今、コロナウイルスの影響で、自分が勤務する会社では国内外を問わず、出張禁止になっています。

 

が、以前、仕事で何度かドイツに行ったことがあり、今回は、そのお話です。
と言っても、そんなに頻繁に海外出張しているあるわけではありません。

 

ドイツでは、デュッセルドルフ、フランクフルト、ブラウシュバイク、カールスルーヘ、ニュールンベルク、ミュンヘンなどの都市を駆け抜けました。

 

f:id:TuAki:20200301073637j:plain

ドイツ地図 ※ネットからの引用

 

海外出張の日程は、いつもタイトで、顧客回りを目いっぱいこなします。
自分が今、どこにいるのかわからなくなるくらいです。

 

そんな時でも、ホテルの周りを散歩するくらいの余裕はあります。

それで印象に残ったのは、ブラウシュバイクとニュールンベルグ
どちらもそんなに大きな町ではありません。

でも、ドイツらしい、落ち着いた雰囲気があるのです。

 

f:id:TuAki:20200226184942j:plain

ブラウシュバイクの街 ※ネットからの引用

 

夜、ちょっとホテルを抜け出して、あたりを歩いてみました。
ドイツの街並み、情緒があっていいのですが、

でも、街が暗い

日本だと、かならずコンビニがあって明かりが煌々と付いているのですが、それはまったくなし。街全体が地味なんですね。ネオンもまばらだし。

 

f:id:TuAki:20200226185023j:plain

f:id:TuAki:20200226185108j:plain

ニュールンベルグ城 ※ネットからの引用

 

ニュールンベルグは、意外にも昼間に時間が空いたので、観光をすることができました。ニュールンベルグ城です。ゆったりとした坂を上ってゆくとお城があります。

その途中のカフェで一休み。
道行く人を眺めながら充実のコーヒータイムでした。

 

ドイツは第二次世界大戦で徹底的に破壊されたのですが、建物は再建されました。
それはみごとだと思います。そのおかげで昔ながらの家々も数多くあって、今も見ることができるのです。

 

ドイツの街の雰囲気、建物から受ける印象ですが、『質実剛健といったところです。

ちゃらちゃらしてなくて、地味で、しっかりしている、それがドイツ。

 

さて、お昼ごはんです。
ドイツ名物の シュニッツェルとホワイトアスパラをいただきました。

f:id:TuAki:20200228192312j:plain

 シュニッツェル ※ネットからの引用

f:id:TuAki:20200228192359j:plain

ホワイトアスパラ ※ネットからの引用

 

シュニッツェルは要するにカツレツなんですが、正直、脂っこくて自分はおいしいとは思いませんでした。胃がもたれただけ。

あと、会社の先輩が、ドイツに行ったらホワイトアスパラだよ、と言っていたので食べたのですが、なんということもない、普通のアスパラガス。

 

ドイツ料理、きっとおいしいのでしょうけどAkiには合わなかったようです。

 

でも、さすがにビールはうまかった。

 

『ドイツ出張』、ばたばたと終わりました。
食事も今一つで、いいことはあまりなかったのですが、ほんのわずかな時間だけど街の空気を感じられました、それだけはよかったかな。

 

ドイツ出張(終わり)