Tu&Aki’s Couple Life

ゲイが考える『ベトナム』『アジア』『海外旅行』『日本』『歴史』『科学技術』『仕事』そして『大事な彼氏』のこと

イタリアのスパゲティー

Akiです。

 

 

以前、イタリアに仕事(技術の売り込み)で行き、本場のスパゲティーを食べたことがあります。

北イタリアのミラノです。

空港で現地商社のイタリア人と合流しました。かなりの年配の方(男性)なのですが、ピンクのパンツをはいてました。思わず ”ピンクだ!”と言ってしまいました。

でもすらっとしていて似合ってましたね。着こなしている、そんな感じ。

で、そこから、彼の車で2、3時間走って、ここでプレゼンしてください、ということでポイっと降ろされて、その会社で技術プレゼンをしました。

ああ、なるほど、なるほど、という感じでAkiの技術の内容は理解してもらえて、いくつかお仕事をいただくことができました。

 

打合せが終わったのは午後2時過ぎだったと思うのですが、再び車でミラノに戻りました。その途中で、じゃあ、ご飯たべましょう、ということで路肩のレストランに入りました。ぜんぜん高級じゃない、庶民的な感じで、威勢のいいお兄さんたちがてきぱき料理したり、配膳したりしている活気のあるお店でした。

Akiたちは、イタリアだからということでスパゲティーを食べました。

Sea Food Spa。

ボリュームもそこそこあって、食べ応えのあるスパゲティー
4-5人くらいで食べたのですが、食べているときは、誰もなにもしゃべりませんでした。とにかく食事に集中していたのです。夢中になって食べました。

それほどおいしかった、ということです。

普通だったら、企業プレゼンのあとなので、あそこはこうした方がよかったとか、あれはまずかったとかの反省会になるのですが、まったくなし。

黙々と食べて、全員が満足感に浸りました。
食事のあとも、このスパゲティーの話題でもちきりでした。

 

f:id:TuAki:20191222153615j:plain

(スパゲティー)※ネットからの引用です。でも食べたのはこんな感じ。もっと海産物が多くてボリュームがあったかも。

 

Akiはほっとしました。
自分のプレゼンのあとだったので、いろいろ言われるかと思ったからです。

『イタリアのスパゲティーのおかげで救われました。

 

でも、本当においしかった。こんなにおいしいスパゲティーは初めてでした。
それとダンディーなピンクのイタリア人、かっこよかった(💓)

 

なかなか素敵なイタリア出張でした。

 

イタリアのスパゲティー(終わり)